デザイナーズの注文住宅を建てる方法や手順

デザイナーズで建てる注文住宅は優れたデザイン性が期待できます。デザイナーズの注文住宅を建てるためには、始めにどこに依頼するかを決める必要があります。依頼先により、住宅の質はまったく異なります。依頼策を決める過程は、もっとも慎重さが求められます。依頼先が決まったら、打ち合わせの上、契約がなされます。デザイナーズの場合は設計と施工は別の組織と契約を結ぶことになります。契約後は簡単に解約できないので、契約は慎重に行う必要があります。設計契約が済むと、本格的な設計が始まります。ここでは自分や家族の住宅に対する思いを全てぶつけることが大切です。何も言わなくても、わかってもらえるだろうと言う考えはデザイナーズには通用しません。とことん話し合って、計画を進める必要があります。

デザイナーズで注文住宅を建てる場合の依頼先の選び方

注文住宅をデザイナーズで建てる場合、依頼先を決める必要があります。デザイナーズ住宅の依頼先としては、大きく分けて二つあります。一つはハウスメーカーや工務店と契約しているデザイナーを使う場合、もう一つは、設計事務所が主体となって住宅をつくる場合です。デザイナーズと名付けられても、ハウスメーカーや工務店がバックに控えている場合は、自由にできる範囲は限られています。間取りや外観は自由にできても、構造や材料の仕様は自由にできない場合があります。設計事務所が主体となって行うデザイナーズ住宅は、予算と法律の範囲内で、全てを自由にできます。設計者が個性の強い設計士の場合は、その考えに引きずられることはありますが、原則として自由です。注文住宅をデザイナーズで行う場合は、依頼先が施工者なのか設計者なのかの見極めが大切です。

デザイナーズでつくる注文住宅の手順

住宅を建てる場合は、土地が決まっている場合は、すぐに設計を始めることができます。契約や細かな打ち合わせが始まる前に行っておくべきことに、資金の確保があります。特に、住宅資金を借り入れる場合は、金融機関等との事前打ち合わせが必要です。借り入れの確約が取れた時点で、初めてデザイナーズの注文住宅を正式に依頼することができます。設計は実際の設計者と建築主が打合せを積み重ねながら進んでいきます。その過程で大切なのが基本プランの作成です。平面図が決まれば、他の仕事も進んでいきますが、平面図が決まるまでは、本格的な設計作業はできません。しかし、平面図を決める場合は十分に納得の行くまで検討を続ける必要があります。本格的な設計や見積りが始まってからの平面図の変更は簡単にはできないからです。