デザイナーズの注文住宅を建てたいと思ったらまずすべきこと

デザイナーズ住宅は、普通の住宅では飽き足らず、ひとひねり欲しいとか、他の家と同じではつまらないという人が建築する住宅になります。デザイナーズ住宅を建築するにはどのような事から始めたらいいでしょうか。まずはイメージを頭で組み立てることです。この段階でさっぱりイメージが湧かなければそもそも注文住宅でデザイナーズ住宅を建てようとは真剣に考えていないということです。あるいは、なんとなく雰囲気だけで注文住宅のデザイナーズ住宅を建てようと思っただけではないでしょうか。ある程度具体的なイメージが出来上がったら、今度はデザイナーを選ぶことが重要になります。普通、ハウスメーカーや工務店ではデザイナーズ住宅の建築はしていませんので、デザイナーの選定が重要になります。

デザイナーの選び方について考えてみよう

注文住宅のデザイナーズ住宅を建築する場合のデザイナーの選び方ですが、まずはデザイナーが過去に建てた住宅を見ることです。同じデザイナーの建てた住宅はどこかに共通点があるはずです。自分達が過去の作品を見てピンとくる作品があったらそのデザイナーについてよく調べて見ることが重要です。もちろん、そのデザイナーが近くに住んでいないと意味がありません。東京の家を建てるのに大阪のデザイナーを選んでしまうとどうしようもなく交通費がかかってしまいます。大枚をはたいてもそのデザイナーに頼みたいというのであればそれでも構わないでしょう。危険な考え方は、有名なデザイナーだからそのデザイナーに任せておけば大丈夫だろうと言う考え方です。有名だからと言って、自分達の理想の住宅をデザインしてくれるわけではありません。

お金がどれくらいかかるか見積もりを出してもらう

住宅を建築する場合に重要になるのは、費用です。いくら素晴らしいデザインが思いついて、素敵なデザイナーに出会えたとしてもお金がなければどうすることもできません。そこで、事前にお金を貯めておくことも必要ですが、どの位の費用になるのかまずは見積もりを出してもらいましょう。デザイナーに相談をすれば見積もりを出してくれます。もし、見積もったお金でローンが組めるようであれば問題ありません。ですが、ローンを組むには費用が高すぎる場合にはデザイナーと相談をしてもう少し費用を抑えることができないか相談をしてみましょう。基本的に、工務店やハウスメーカーと違いデザイナーズ住宅は融通が利きます。パックのようにセットになっている商品ではないからです。納得できるまで交渉をしてみましょう。