デザイナーズの注文住宅の魅力な点

デザイナーズの注文住宅には独特の魅力があります。規格化された住宅メーカーの建てる住宅とは違い、個性的な外観と独自の住まい方が特徴です。デザイナーズの注文住宅が魅力的なのは、自由な設計を行うことができるからです。敷地や周辺の環境に調和し、建築主の考えを取り入れた自由なデザインは、世界に一つしかないデザインを創造します。しかし、プランや外観が魅力的でも、地震に対する安全性や雨漏りがしにくいなどの、住宅の基本性能を持っている必要もあります。魅力的で実用的な住宅を建てるには、デザイナーズの注文住宅は優れた方法です。本来のデザイナーズの特質を引き出すためには、施主の意識が大切になります。大手住宅メーカーが建てる住宅と、デザイナーズの住宅の違いを良く認識し、設計者と共に家づくりをするという意識を持つことが大切です。

大手住宅メーカーにはないデザイナーズの注文住宅の利点

デザイナーズの注文住宅の利点は、大手住宅メーカーの住宅と比較することで明確化します。大手住宅メーカーでは、規格化され仕様の元に設計を行います。全国各地のどこへ建てても不都合の無い、標準的な間取りや仕様が用いられます。しかし、自分の住宅を建てる敷地は一つしかありません。デザイナーズの注文住宅は、一つしかない自分の敷地に合わせた設計を行うことができます。自分の敷地に合わせた設計は当然独自の形体となり、個性的なものとなります。個性は無理につくるものではなく、自然に出現するものです。デザイナーズで注文住宅を建てるという事は、特別なことをしなくても個性的な住宅をつくることにつながります。価格の希望は始めに伝えることが大切です。予算をあいまいにしたままでは、自由な発想が空回りしてしまいます。

上手にデザイナーズを使いこなす方法

デザイナーズ注文住宅をつくる場合は、全てを設計者任せにすることは得策ではありません。デザイナーズの注文住宅は、時として外観のデザインを重視するあまり、基本的な性能が疎かになる欠点があります。デザイナーズの注文住宅の魅力はデザインだけにあるのではなく、コンセプトの自由な設定ができる点にあります。雨漏りを防ぐためには陸屋根ではなく勾配屋根が必要です。かっこ良く見えなくても、庇を十分に出す必要があります。地震に対して丈夫にするためには、壁量を十分にとる必要があります。吹き抜けは構造上の弱点となるので、やめたほうが無難です。住宅の基本的な性能を確保した上でも、デザイン性に優れた住宅を建てることは可能です。価値観に優先順位を付ける仕事は建築主が負う必要があります。建築主が適切な条件と要望を設計者に提示することで、実用性のある優れたデザインが可能となります。